製作させていただいたサイトの中からの Pick Up!
     
安川自動車様   IS保険企画様   たきのゆ様   中村屋呉服店様
     
水島農機商会様   朝倉匠庵様   おたとうふ様   佐々木織産工業様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フェイスブックを仕事で使うと「同窓会での保険の勧誘」みたいになると勘違いされた話

141019dou.jpg


先日ホームページを作った会社の経営者の方に
フェイスブックを勧めました

経営者の方に
「自分はプライベートのことをアップする気がないし
仕事で使うと友達に物を売るみたいでいやらしいから
やらない」
と言われました

たしかに
フェイスブックで執拗に自分のお店で扱っている
商品を売りこむ記事を載せている方も見受けます

同窓会で保険の勧誘をするみたいに

しかし
仕事上でフェイスブックを使っても商品の売り込みではなく

「自分はこんな気持ちでお店をやっているんだ」
「今度こんなイベント考えてるんだ」
「この前お客さんにこんなこと言われた」
「仕事だけじゃなくてこんなこともしてる」・・・・・

みたいな記事であればいやらしく感じないんじゃないと
思うんですけど

40代以上の方の場合フェイスブックの友達は
小さい時からの友達もいるかもしれませんが
(僕の友達にも小学生からの同級生が一人いますがw)

ほとんどが、仕事を通じて知り合った人じゃないでしょうか

仕事を通じて知り合った人や共感した人に
自分の仕事や扱っている商品サービスについての
考えを伝えてもいやらしいことなんか全然ないし

逆に
しょっちゅう会っていられない人に
自分は今こんなこと考えているんだって
伝えることができると思うんですよね

話し終わった後に
その経営者の方はフェイスブックのアカウントのとりかたを聞いてきてくれましたけどw


スポンサーサイト
[ 2014/10/19 17:39 ] SNS フェイスブック | TB(0) | CM(0)

今日は昼から景観の素晴らしい場所でフェイスブックの勧誘をしていたw

141010ei.jpg


今日は昼過ぎから景観の素晴らしいところで
ある会社の社長とお話をしていました

僕と同年代の方なので以前からフェイスブックを
勧めていた人でもあります

今日も途中からフェイスブックの話になりました

僕がフェイスブック始めましょうって言っても

社長は「自分は始めたら途中でやめるのが嫌いなタイプ
あれは続きそうもないから初めからやらないんや」と

「知らない人からコメント貰ったりして返事するのもめんどいし」

フェイスブックは友達とのコミュニケーションツールだから
知らない人からのコメントはないんです

「今日は○○行きました、今日は○○食べましたなんて
書いたってつまらん」

そんな記事は書かなくていいですって
社長が常日頃口にしている○○○○のことについて
日々感じることを書いていけばいいんです

リアルで会って話す時間のあまりない人に
フェイスブックで社長の言葉を伝えればいいんですって

「自分の意見に共感してくれる人はフェイスブックやってえん」

結構みんなやってます、やり始めたらそれがわかるんですって
こんなふうに→ 8月31日の記事

この社長をフェイスブックに引きずり込むにはまだまだ時間がかかりそうw

[ 2014/10/10 19:31 ] SNS フェイスブック | TB(0) | CM(0)

フェイスブックって続けていると自然と自分のプロフィールができていく

140924fb.jpg


現在、僕のフェイスブックでの友達は64人になってます
セミナー等であいさつして友達申請した方も含まれてますけど
二人を除いては全員面識のある方たちです
面識のないお二人は共通の友達の記事上で
コメントをやり取りした後に申請した方です

フェイスブックをやっていると、僕から申請しなくても
友達申請をしていただくことがあります

そんな時「来る者拒まず」で、承認する方もいるようですけど
僕は知らない人だと、すぐに承認しないほうです

知らない方で顔写真がなかったりメッセージがなかったりすると
承認をためらいます

そのあと申請してくれた方のページを開きます
記事が一つもなかった場合は承認をためらいます

その方の友達をみて、友達のページも開きます
友達がいない方はためらいます
放置しっぱなしの友達が多い方も承認をためらいます

なんで、こんなことグダグダ書いているかというと

フェイスブックって、自分が書いた記事を読んだり
自分の友達の記事を読んだり
自分のアクティビティをみることで

読んでる人が自分のことをなんとなく感じてくれる
ツールではないかと思っているからです

日々継続して記事を載せたり友達作ったり
いいね!押したりしているうちに
意識しないまま自然と自分のプロフィールが
フェイスブック上にできてると思うんです

肩張って記事書かなくてもいいんです
意識しないで自然に思ったこと書けばいいんです

あっ!

ちなみに、知らない若い女性から友達申請が来たときは・・・
100%怪しいと思って無視しますw


[ 2014/09/24 18:30 ] SNS フェイスブック | TB(0) | CM(0)

ソーシャルでのスタッフ紹介は「個人情報保護の観点」とか訳のわからんこと言わんと載せたほうがいいと思います

140923hotel.jpg


昨日見つけた記事の中にホテルのフェイスブックページが
紹介されてました

記事ののってるサイトはこちら↓
http://thecontentmarketing.com/facebook-of-richmond-hotel-fukuoka/

■企画の「過程」を公開する
■気配りを感じられるサービスを紹介する
■スタッフを紹介する
■「いいね!」にも感謝の気持ちを伝える
■お役立ち情報を提供

などの項目で、そのホテルのフェイスブックページについて書かれています

その中で「スタッフを紹介する」という項目ですけど
これをやっていないお店って結構あるような気がして・・・

個人のフェイスブックの場合は、書いていく記事が
個人の紹介のようなもんですけど

お店のフェイスブックページは、お店の紹介や
商品・サービスの紹介が先にきてしまって
スタッフの紹介が忘れがちになってるんじゃないかと

どんなスタッフがサービスしてくれるのか
お客様って気にしてるはず

先日仕事の関係でスイミングスクールのサイトを見ました
コーチやスタッフの紹介ページの写真が
モデルさんが並んでるイメージ写真で
ついていたコメントが・・・

「個人情報保護の観点から個人の写真は掲載いたしてません」

と、書いてありました

”スクールやめちまえ!”・・・心の中でつぶやきましたw

自分の子供がどんなコーチに教わるのか
自分の健康をどんなスタッフがサポートしてくれるのか
お客様は絶対に気になるはず

「個人情報保護」の意味を取り違えてるんじゃないかと思いました
[ 2014/09/23 17:15 ] SNS フェイスブック | TB(0) | CM(0)

「フェイスブックで稼ぐ○○○○な方法」みたいな本やサイトを 読んでいるうちは、フェイスブックの本当の使い方がわからない

140919fb.jpg


上のイラスト見ながら話していきます

僕とAさんはフェイスブックの友達です
僕とBさんもフェイスブックの友達です

AさんとBさんは面識がありません

こんなことがありました・・・・・

Aさんのブログは僕にとってすごく勉強になるので
毎日読んでブログにもフェイスブックにも「いいね!」を残します

ある日、Bさんが僕が「いいね!」を押してることをフィードで見つけて
Aさんのブログを読みにいきます

BさんにとってAさんのブログは参考になるブログでした
それからというもの、僕の「いいね!」に関係なく
BさんはAさんのブログを読むようになります

僕はBさんに対し直接Aさんのブログを読むように薦めてません
Bさんがフェイスブックのネットワークの中で自分で見つけたんです

Bさんは僕に会うと「Aさんのブログはすごく勉強になる」と言います
1回もあったことのないAさんに影響を受けてます

こんなこともありました・・・・・(AさんBさんはさっきの話の人と別の人です)

Aさんは、あることで困っており解決してくれる人を探していました
僕はAさんの困ったことを解決できる能力はありません

しかし、Aさんは僕のフェイスブック記事で
BさんがAさんの困ったことを解決できる仕事をしていることを知ります

Aさんは、Bさんのフェイスブックやホームページをみたり
僕に話を聞いたりした上で、Bさんに一度話を聞きたくなりました
結果、BさんはAさんを訪れて仕事を受注したわけです

面識のないAさんを、Bさんは僕に紹介してくれなんて言ってません
Aさんがフェイスブックのネットワークの中で
Bさんが信頼できそうだと思い
会って話を聞くことで信頼したんだと思います

この2つの話のAさんBさんはそれぞれ違う人ですけど
少し前に実際にあった話です

フェイスブックは自分の友達の向こうにも別のネットワークがあり
ネットワークが続いていってるんです

「フェイスブックで稼ぐ○○○○な方法」みたいな本やサイトを
読んでいるうちは、フェイスブックの本当の使い方が
わからないんじゃないかと思う今日この頃ですw
[ 2014/09/19 18:39 ] SNS フェイスブック | TB(0) | CM(0)
プロフィール

asp

Author:asp
HP制作やブログカスタマイズなどを生業としていますが、歳をとるにつれて物忘れがひどくなってきたので、メモ代わりの備忘録でも始めようかと・・・・

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。