製作させていただいたサイトの中からの Pick Up!
     
安川自動車様   IS保険企画様   たきのゆ様   中村屋呉服店様
     
水島農機商会様   朝倉匠庵様   おたとうふ様   佐々木織産工業様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もしデジタルが僕の置かれている状況を正確に把握し的確な情報を提供してくれるなら素晴らしいと思いません?

140913ire.jpg


先日の佐々木俊尚さんの講演会の中であった話
ユーザーコンテキスト・・・ユーザーの置かれている状況

今現在はまだまだググって何かを調べる人が多いですけど
今後はデジタルがユーザーの置かれている状況を判断して
情報を提供してくれるという話

アマゾンで買い物を繰り返していると「あなたへのおすすめ」という
情報が提供されるように、今でも似たような感じのことは起こっています

ユーザーコンテキストに沿った情報提供というものは
もっと進化していくはずです

僕の話をします

仕事でパソコンと向き合います
合間に気分転換でネットで情報収集したりユーチューブを見たりします
夜になって仕事が一段落すると、パソコンの電源を落として
仕事部屋を出て、居間に行ってビールを飲みながらテレビ見たりします

デジタルと向き合っている時間は基本的に仕事の時でした

スマホが出てくるまでは!

スマホが出てきてからは、仕事が一段落してパソコンの電源を
落としてからもビール飲みながらスマホ、つまりデジタルと向き合ってます

これは長時間にわたってデジタルに自分の情報提供を
しているということです

ただ、友人や知人と会って話をするときや、眠るときなど
デジタルと離れている時間はまだあります

しかし将来、「Apple Watch」や「電子タトゥー」をパワーアップした
ウエアラブル端末が一般的に普及する時代が来たら
24時間デジタルとつながるようになります

デジタルとつながる時間が長ければ長いほど
自分の置かれている状況をデジタルが把握する精度は高くなり
提供してくれる情報も的確になってくると思うんです

個人情報云々いう人がいるかもしれないけど
自分にとって有用なことならいいことだと思います

たとえば僕の場合ですけど

ビデオレンタルでもしようかとTUTAYAのサイトを開きます
それから選ぶまでの時間が長い
なぜなら、映画に詳しくないw
TUTAYAのサイトも検索しにくいし
そもそも、僕が見たい映画を僕自身認識できていないから
検索するのに時間がかかり、結局見なかったりするw

もしデジタルが僕の置かれている状況を正確に把握し
的確な情報を提供してくれるならば、無駄な時間を費やさないで
映画を見れるわけです

まぁ、自分の生きている間にはそんな時代は来ないと思っている
同世代のあなた!

これから20年生きるとしてですよ・・・
考えてみてくださいこれまでの20年を
進化のスピードは恐ろしく早くなってますからw
[ 2014/09/13 17:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

asp

Author:asp
HP制作やブログカスタマイズなどを生業としていますが、歳をとるにつれて物忘れがひどくなってきたので、メモ代わりの備忘録でも始めようかと・・・・

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。