製作させていただいたサイトの中からの Pick Up!
     
安川自動車様   IS保険企画様   たきのゆ様   中村屋呉服店様
     
水島農機商会様   朝倉匠庵様   おたとうふ様   佐々木織産工業様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記事を書くときのタイトルや本文のフォント

記事を書くときには、使用するフォントにも注意が必要です


Windowsに標準装備されていて、一般的なフォントは

明朝体」「ゴシック体」「POP体」(※毛筆は除きます)


「明朝体」は、読みやすいので長文で使用しても眼が疲れない

「ゴシック体」は文字のヨコ線とタテ線が同じ太さなので、
 文字が強く感じる

「丸ゴシック体」は、文字の線の角が丸くなっているので
「ゴシック体」よりは少し優しく眼に入ってくる


ですから、小説などの長文は「明朝体」の使用が多いですよね

前から思ってるんですけど・・・
「機器」の説明書って、タイトルが「ゴシック体」本文が「丸ゴシック体」

だから読みにくいんじゃないかって(^-^;

記事の内容や、使う場所によって、フォントは変えた方がいいと思います


タイトル&サブタイトル⇒「ゴシック体」、本文⇒「明朝体」
ベーシックな使い方です
    ↓↓
kijifon1.gif



タイトル&サブタイトル⇒「丸ゴシック体」、本文⇒「明朝体」
少し優しくなります
    ↓↓
kijifon2.gif



タイトル&サブタイトル⇒「明朝体」、本文⇒「ゴシック体」
少し違和感があります
    ↓↓
kijifon3.gif



タイトル&サブタイトル⇒「POP体」、本文⇒「POP体」
この内容の記事では、絶対使用してはいけないフォントです (-_-;)
    ↓↓
kijifon4.gif



記事の読みやすさは、フォントだけではなく
1行1行の間隔でも変わります

それは、また今度で('◇')ゞ
[ 2013/05/06 17:46 ] イラストレーター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

asp

Author:asp
HP制作やブログカスタマイズなどを生業としていますが、歳をとるにつれて物忘れがひどくなってきたので、メモ代わりの備忘録でも始めようかと・・・・

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。